ビークレンズの安全性は?副作用危険度と成分の効果を徹底調査!

 

こちらのページではビークレンズの成分について解説していきます。

 

結論から言うと、ビークレンズは安全性の高い成分だけが使われている、副作用危険度の低いダイエットサプリです!

 

含有成分それぞれの効果や副作用の危険度までまとめてみましたので、購入前にぜひチェックしてみてください。

 

 

成分名 安全性 効果
難消化性デキストリン 水溶性の食物繊維の一つであり、腸内細菌のエサとなることで腸内細菌叢のバランスをよくします。また、水分を抱え込むので便が柔らかくなり、便量が増えます。
エリスリトール エネルギーになりにくい甘味料です。歯垢を分解しやすくなるので、虫歯になりにくい効果もあります。
黒胡椒エキス末 黒胡椒にはカリウムやカルシウム、マグネシウム、鉄分といったミネラル分やビタミンB1、B2が含まれています。栄養を吸収しやすくし、消化を助けるとともに、脂肪細胞の分解を促す効果も期待出来ます。
発酵紅茶エキス末 今話題のコンブチャであり、酵素や酵母がダイエットをサポートします。
殺菌乳酸菌末 腸内細菌叢が改善されたり、整腸作用や生体防御、アレルギー抑制、免疫の活性化、美肌効果等さまざまな作用があることが報告されています。
植物発酵エキス末 野菜や果物、穀類、海藻類等を長期発酵・熟成させています。便通の改善や体温の上昇が見込めます。
ヤシガラ活性炭 添加物や不要物等、体内に溜まってしまったものをしっかり抱え込んで輩出する効果があります、その作用は通常炭と言われているものよりも5倍から10倍ほどだそうです。
伊那赤松妙炭 体内にこびりついた油を吸着、きちんと排出する力があります。ポリフェノールが多く含まれています。
L-カルニチンフマル酸塩 脂肪燃焼作用や疲労感の解消といった効果を持つL-カルニチンにフマル酸を加えることで、吸湿性を低くしています。
ヒハツエキス末 むくみ改善や血管拡張作用があり、また体内に蓄積された脂肪を燃焼しやすくなる効果もあります。
ギムネマシルベスタエキス末 インドでは糖尿病の民間薬としても用いられており、糖の腸管からの吸収を抑制し、血糖値を下げるという効果があります。
豚プラセンタエキス末 新陳代謝を活発にし、新しい細胞を増やすので、アンチエイジング効果があると言われています。
ブラックジンジャーエキス末 冷え性に効果があるとされており、むくみを改善します。また、滋養強壮にも優れ、肥満を防ぐ効果もあります。
プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末/炭末色素 プロテオグリカンはもともと皮膚や軟骨に含まれている成分ですが、細胞間で多くの水分を保持できるので、美容健康両面に良いとされています。
酸味料、酸化マグネシウム 酸化マグネシウムは、腸に水分を集めることで固くなってしまった便を柔らかくし、排出しやすくします。
香料 防腐効果等実用面とともに、リラックス・リフレッシュ効果目的で配合されます。
甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物) 砂糖の200倍もの甘さを持ちますが、虫歯になりにくいと言われています。
ビタミンE 抗酸化作用が強く、生体膜の機能を正常に保ったり、血管を健康に保つ効果もあります。
ベタイン 甘味や旨味を添加する目的で配合されることもありますが、肝機能を高めたり、糖尿病を予防したりという効果もあります。
ヒアルロン酸 水を多く保持する能力に優れており、保湿力を高めます。
シクロデキストリン 勘定オリゴ糖とも言われ、一日の摂取量に制限のない食物繊維です。
葉酸 赤血球の生産を助けるビタミンです。細胞の分裂や成熟に関わるため、身体の発育に必要不可欠な成分であると言えます。

 

※★1個:非常に安全 ★5個:非常に危険  当サイトの判断基準により算定しています。

 

ビークレンズの成分について調べてみたところ、特に副作用が懸念される危険な成分は含まれていないことがわかりました。

 

体に安全な原材料のみを使用しており、安心して飲むことができそうですね!

 

注目成分の炭以外にも難消化性デキストリンや乳酸菌末と言った体の中を綺麗にしてくれる成分を含むので、体の内側から綺麗を手にすることができるでしょう。

 

ビークレンズを飲んで体に溜まった悪いものを洗い出し、コンプレックスを克服してみませんか?